健康な歯

サプリメントを活用してプロポリス摂取

蜂が地球上に現れたのは1億年ほど昔のようです。
琥珀の中に閉じ込められた蜂の先祖が発見されて大ニュースになりました。
今から約5500万年前には蜜蜂を含む現在の蜂達の先祖が現れました。

http://propolis-navi.com/spread.htmlにも書いてあるように、プロポリスは蜂ヤニとも呼ばれており、蜜蜂が様々な植物から集めた樹脂で蜂の巣を天然の雑菌から守るためにつくります。
抗菌作用のある植物の成分を取り入れて、巣の中の腐敗や病気を防ぐ物質を作り出したのですから、すごい智恵ですね。
この防御壁があったから太古の昔から今日まで変わらす生き続けてくることができたのでしょう。

西洋では古くから蜂蜜が民間薬として使われていました。
ギリシアには紀元前すでに養蜂家がいたそうです。
ギリシアの哲学者であり自然科学者でもあるアリストテレスは、その著書「動物誌」のなかで蜜蜂の生態を詳しく観察しています。

そして切り傷や腫れ物の薬として用いることが記されています。
「前」という意味のギリシア語の「プロ」と「都市」を意味する「ポリス」を合体させて「プロポリス」(propolis)という言葉を作ったのもアリストテレスだという説があります。
日本ではじめて蜜蜂のことが文献に現れるのは「日本書記」ですが、養蜂が各地に広まったのは平安時代のようです。

主に蜜を献上する為だったようですが、プロポリスが注目を集めだしたのはここ数十年のことになります。
プロポリスは「天然の抗生物質」と言われますが、精製された抗生物質のような副作用がありません。
しかも、この他にも抗菌・抗ウィルス作用、抗炎症作用、免疫力増強作用、活性酸素消去作用などたくさんの効果が期待されています。

プロポリスを摂る方法としては、抽出液をそのまま飲む方法が一番効果が高いと言われますが、これだと独特の強烈な臭いと味がものすごくて、なかなか毎日続ける事は難しいようです。
一般的には水やジュース、牛乳などと割って飲みます。
ただ、ヤニの汚れが容器や流しなど、あちこちにつくので、毎日一手間かかってしまうようです。

味や臭い、手間のためにせっかくの効能効果をあきらめてしまうのは残念です。
長期間の見続けると臭いも気にならなくなるそうですが、やっぱり気軽に手にしたい方にはサプリメントがおすすめです。
粒タイプや液状を閉じ込めたカプセルタイプなど色々あるので、自分に合う物を選ぶといいでしょう。


Copyright(C) 2013 健康を維持するための成分 All Rights Reserved.