健康な歯

プロポリスで健康な歯を維持

現在の日本では40才以上の80%が歯周病とも言われています。
虫歯のような痛みを感じにくいので、自覚することなく進行してしまう怖い病気の一つです。
歯周病は最近の医療の進歩により予防も治療も可能な病気だと分かってきました。

しかし、歯周病が怖いのは実は口の中だけのことではないのです。
もともと口の中には300?500種類の細菌が住んでいるのですが、一旦悪さをする細菌が増えすぎてしまうとやっかいです。
その細菌が出す毒物は、細菌が死んだ後でも残っており、体中に回ってしまうと様々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。
歯周病との関係が心配される病気は、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病。

なんと、現代の3大死因すべてに関わっているのです。
妊娠中の方も歯周病には注意しましょう。
女性ホルモンのバランスが大きく揺れる妊娠中は、歯周病の原因となる細菌を増やしてしまったり、歯肉炎を起こしやすくしたりしてしまいます。
同じ理由で、閉経後に女性ホルモンが激減すると骨粗鬆症を発症する人が多くいますが、骨粗鬆症の患者さんも歯周病の危険率が上がっています。

女性ホルモンが少なくなった為に骨がもろくなり、歯周病の進行がとても早くなってしまうのです。
歯周病を予防する為にはまず「歯周ポケット」で細菌が増えるのを防がなくてはなりません。
しっかり歯磨きをしたつもりでもいつの間にか歯周病になっているほどの強敵ですが、プロポリスの抗菌・滅菌作用はこの口の中の細菌にしっかり作用してくれます。
http://www.spartanvolleyballcamps.com/2.htmlにも書いてあるように抗酸化作用はプロポリスに含まれるフラボノイドによるもので、細菌をしっかり抑えてくれるのです。

しかも口臭を抑えてくれるといううれしい働きもしてくれます。
昔からお茶で口をすすぐと虫歯予防になると言われてきましたが、それはお茶に含まれるカテキンフラボノイドの抗菌効果だったのです。
ガム売り場を見てみてください。
フラボノイド入りのガムがたくさん並べてあります。

口臭対策や虫歯予防をうたっているのですが、ガムの場合は砂糖が含まれていない事を確認しましょう。
プロポリスに含まれるフラボノイドは天然成分です。
しかも糖分は含まれていません。
毎日の事なので安心できるものを選ぶ事が大切ですね。



Copyright(C) 2013 健康を維持するための成分 All Rights Reserved.